お金に関して考える

お金は、欲しいものにすぐ変わる便利なものであり、分割して人に譲渡したり、譲り受けたりすることができる。
お金があれば、生活する上でも安心感を持つことができるし、何か夢を持ったときにも即効性のある力にもなるという便利なものである。
そのため、お金というものは重要であり、いざというときに無ければ困るものでもある。
しかし、常に有り余るほど持つということも少し考えものであるといえる。
なぜならば、お金に対する価値観を下げてしまうからである、そうすると、お金はすぐになくなり、再びお金を求めてもすぐに自分のもとには来ない。ということにもなるといえる。
つまり、お金は、いざというときにあればよく、それ以外はただの荷物ということが言える。
たとえば、小銭なんかも、使うときは価値のあるものであるが、使わなければ、ただの金属の塊であり、重たいだけである。
ただ、いざというときがいつ訪れるか分からないので、その安心感のために、金属の塊である重たい小銭でも持ち歩くというわけである。
とにかく、お金は、便利であり、これがなければ、社会において活動しにくくなるものであることは間違いない。
そういうことで、その重要性から、現代社会ではお金については、無担保で融通を効かせるといったことは、すこし考えられないといえる。

この前、急遽金に困った時、ある大手の消費者金融は、即日スピード融資をしてくれて助かった。
今は金利も低いし、本当に消費者金融は便利になった。

ローンの考え方

ローンというと、「借り入れ」のことなので、どこかからお金を借りてまかなう、という意味です。
昔からお金を人から借りたりするのは、あまりよくないこととされていたため、ローンというと、なんとなく後ろめたい感じがする、というのが日本の教育でした。
しかし米国では、ローンというのは個人の「信用の歴史(Credit History)」、を現す目安として、便利に扱われているのです。
実際、何か家や車などの大きな買物をしようとすると、「貴方はクレジットヒストリー(これまできちんと支払いをしてきた、信用の歴史)、がないからだめ」と断られる事もあるそうです。
そのため、人々は学生時代の教育ローンを毎月支払ったり、クレジットカードで買物して毎月せっせと支払いをして、クレジットヒストリーをつくりあげ、大きな買物をする時のローンの審査に備えているそうです。
私は即日借入対応しているカードローンを利用してます・・・このフリーローンはまじ便利よ。
それを考えると、日本のローンの仕組みのほうがちょっと簡単でいいな、と思ってしまいました。